勾留決定後に準抗告が認容された建造物侵入窃盗事件(20代男性・大学生)

罪  質 建造物侵入窃盗事件
前科前歴 なし
年  齢 20代男性
職  業 大学生
釈  放 勾留決定に対する準抗告認容
釈放年度 平成29年
結  果 不起訴
示  談 成立(5名)
示談金額 2万円~5万円
提出書類 本人誓約書、本人謝罪文、身元引受書、示談書(不起訴時)
裁判所名 東京地方裁判所
裁判官名 裁判長:入江猛、裁判官:室橋雅仁、裁判官:佐藤雅英
特記事項 被害者5名

事案の概要・相談に至る経緯

被疑者は東京都内在住、都内某私立大学に通う大学生20代男性であった。

深夜に学校内に侵入し、靴などの物品を盗もうと物色していたところを学校内の警備員に見つかり、逮捕された。なお、逮捕前にも数回にわたって、同様の犯行を繰り返していた。逮捕後、被疑者の父より相談を受け、弁護士が接見に行った。

行った弁護内容

受任後すぐに検察官に対して、勾留請求しないことを求める意見書、父の身元引受書、本人の誓約書、謝罪文等の資料を提出したが、検察官から勾留請求をされた。翌日、裁判所に対して意見書等を提出のうえ、勾留質問前に裁判官との面談に行った。まだこの段階では、被疑者は一部否認していたこともあり勾留決定が出てしまった。

勾留決定後、被疑者と方針等について改めて協議し、行ったことは素直に認め、示談に向けて進めることとなった。また、被疑者は、大学の期末テストの目前であったため、すぐに釈放される必要性があった。従前の主張に加え、これらのことを改めて強く主張し、準抗告の申立てを行った。その結果、準抗告が認容され、被疑者は釈放されることとなった。

結果

釈放後、不起訴に向けて被害者とさらに示談交渉を進めた。被害者が5名いたこともあったが、すべての被害者が被害金額に多少の迷惑料を含めた数万円で示談に応じてくれた。この結果を踏まえて、検察官にこれらの示談書とともに不起訴意見書を提出したところ、被疑者は不起訴をとなった。

以上

関連する事例

  1. 勾留決定後に準抗告が認容された建造物等侵入被疑事件(30代男性・会社員)

  2. 勾留決定後に準抗告が認容された痴漢事件(50代男性・会社員)

  3. 保釈請求却下に対する準抗告が認められた窃盗事件(50代男性・フリーター)

  4. 勾留決定後に準抗告が認容された公務執行妨害被疑事件(30代男性・会社員)

  5. 勾留請求が却下された痴漢被疑事件(50代男性・公務員)

  6. 保釈請求却下に対する準抗告が認容された恐喝被告事件(30代男性・技術職)