勾留請求が却下された恐喝被告事件(20代男性・大学生)

罪  質 恐喝被告事件
前科前歴 なし
年  齢 20代男性
職  業 大学生
釈  放 保釈
釈放年度 平成29年
結  果 懲役1年6月・執行猶予3年
示  談 成立
示談金額 5万6000円
提出書類 反省文、誓約書、示談書、身元引受書(父)
裁判所名 東京地方裁判所
裁判官名 首藤瑛里
特記事項

事案の概要・相談に至る経緯

被告人は、20代の男性で、当時学生であった。被告人は、共犯者の20代女性と共謀し、当該女性がインターネット上で20代の被害男性と知り合い、待ち合わせをし、そこに被告人が偶然を装って登場し、被害男性を恐喝する、いわゆる美人局を行った。

後日、被害者が被害届を提出したことにより、被告人は警察に呼び出され、そのまま逮捕勾留された。

行った弁護内容

弁護人は、被疑者段階で被告人の父から依頼を受け、速やかに示談交渉を開始した。捜査機関側の都合で、九州で発生した本事案が東京地裁管轄内に移送されてきた経緯や、示談交渉の進捗状況から、やむなく、起訴後の保釈請求に向けた準備をすることとなった。起訴までの間には、反省文、誓約書、身元引受書を作成した。起訴後直ちに示談が成立し、成立と同時に保釈の請求をした。

結果

保釈金を200万円として保釈が認められた。
なお、判決は、懲役1年、執行猶予3年となった。

以上

関連する事例

  1. 保釈請求却下に対する準抗告が認められた窃盗事件(50代男性・フリーター)

  2. 勾留請求が却下された風俗営業適正化法違反事件(20代・客引き男性)

  3. 勾留決定後に準抗告が認容された建造物等侵入・恐喝被疑事件(20代男性・会社員)

  4. 勾留決定後に準抗告が認容された建造物侵入窃盗事件(20代男性・大学生)

  5. 勾留請求が却下された強制わいせつ被疑事件(20代男性・大学生)

  6. 勾留請求が却下された痴漢被疑事件(50代男性・公務員)