勾留請求が却下された暴行被疑事件(20代男性・大学生)

罪  質 暴行被疑事件
前科前歴 異種前歴1犯
年  齢 20代男性
職  業 大学生
釈  放 勾留請求に対する準抗告認容
釈放年度 平成29年
結  果 未定
示  談 未定
示談金額 未定
提出書類 誓約書、身元引受書(父・母)、学生証
裁判所名 千葉地裁管内
裁判官名 齋藤憲次、小口五大、坂口和史
特記事項

事案の概要・相談に至る経緯

被疑者は、千葉県内在住の20代男性で、当時学生であった。被疑者は、深夜の帰宅途中の電車内において、自身の最寄駅で下車する際に、長椅子の端に座って寝ていた女子高生に対して、唾を吐きかける暴行を行った。

被害者からの被害届の提出により、被疑者は、後日、警察に呼び出され、そのまま逮捕されるに至った。

行った弁護内容

弁護人は、被疑者の父母から依頼を受け、直ちに、誓約書及び身元引受書を作成した。また、被疑者が、逮捕当時大学生で、欠席日数が増えると留年する恐れがあったことから、速やかに準抗告申立書を、千葉地裁管内の裁判所に提出した。

結果

勾留決定に対する準抗告が認められ、勾留された翌日に釈放された。なお、被疑者は、勾留質問時に、犯行について記憶がない旨主張したため、罪証を隠滅すると疑うに足る相当な理由があるものと判断された。しかし、被疑者が被害者の氏名や住所等を知らないことに加え、誓約書及び身元引受書が作成された経緯に鑑み、勾留の必要性が消滅したものと判断された。

以上

関連する事例

  1. 保釈請求却下に対する準抗告が認められた窃盗事件(50代男性・フリーター)

  2. 勾留決定後に準抗告が認容された建造物等侵入・盗撮被疑事件(40代男性・会社員)

  3. 勾留決定後に準抗告が認容された建造物侵入窃盗事件(20代男性・大学生)

  4. 勾留決定後に準抗告が認容された建造物等侵入被疑事件(30代男性・会社員)

  5. 保釈請求却下に対する準抗告が認容された恐喝被告事件(30代男性・技術職)

  6. 勾留請求が却下された強制わいせつ被疑事件(20代男性・大学生)